オリジナル杖ステッキ・スキー・ウォーキング印刷

シナノラボのスキーポール仕様を開発担当がご紹介!

こんにちわ。

スキーポール開発担当/用具販促、そしてシナノラボのコマツです。

コロナウイルスでの緊急事態宣言、外出自粛いかが『おうち時間』をお過ごしでしょうか。

シナノのある長野県佐久市では、いまだ感染者の発生はありませんが、近隣の飲食店は営業自粛を実施中で、居酒屋も7時までと大きくライフスタイル?の変更も余儀なくされ、ストレスが溜まる毎日をやり過ごしています。

さて、このBLOGではシナノラボのご紹介をかれこれ数年にわたりやってきていますが、今回はシナノラボ商品の細かい仕様のご紹介とちょっとしたニュースをお届けしたいと思います。

『国産のスキー用ストックのメーカーといえば?』

『・・・・・・・・』

ということでシナノラボのスキーポールはご存じの通り、シナノの商品をベースにしています。

その中でも、毎年メーカー在庫もなくなりそうな勢いの

シナノフラッグシップモデル

『フリーFAST』

これがベースになっています。

では株式会社シナノ技術開発部スキーポール開発担当の小松とシナノラボ仕様のスキーポールを見ていきましょう!!

1.オンリーワンのデザイン

貴方の好きなようにシャフトデザインが可能

シナノの印刷技術はこれまで大量生産向きのシルクスクリーン印刷で行ってきましたがシナノラボでは世界初の360°曲面インクジェット印刷が可能。シルクスクリーン印刷のような印刷版が不要で、データさえあれば1本から生産できます。

超究極の小ロットが生産が可能です。

なので世界に1つだけの自分だけのポールがつくれてしまうんです。

自分だけではなく、プレゼントに作ってみてもいいかもしれませんね。

あとは、チームやサークルでウエアーを合わせるイメージでポールもお揃いに💛

下は、過去にスキースクール、スキー場様向けに作ったオリジナルポールです。

①白馬八方尾根スキースクール様

②ルスツリゾート様

③野沢温泉スキースクール様

また、結婚するスキーヤー夫婦への記念品としても喜ばれます!

2.SINANO伸縮ポールにて、最も軽く、最も振りやすい

スウィングバランスとはポールの振りやすさを意味します。FREE FASTは上段シャフトに高力アルミとレバー式サイズ調節機構、下段シャフトにカーボンを採用することで、重心が手元に来る設計になっています。

操作性と軽量への飽くなき追求は、ついにSINANO伸縮ポールにおいて「最軽量」と「最高の操作性」を得るにいたりました。FREE FASTはスキーヤーの理想とするポールワークを可能にするかつてないアイテムです。

2.伸縮ポールのキーパーツ レバーロック

ベースとなるフリーFASTの最大の特徴はレバーロック機構によるサイズ伸縮です。

レバーを開閉するだけでポールのサイズ固定が簡単にできます。

レバー内部にはステンレス製の板バネが入っており、経年変化によるプラスチックの変形を抑制し、いつでも快適なロックと解放を実現しています。

このステンレス板バネがないと、翌年のシーズンINでロックが解放されずに

「あれ??スライドしにくいぞ。。。」ってことに。。。

ロックの内側に仕込まれ、人目に触れることもなく、それでも重要な役割を遂行する

SINANOスキーポールのレバーロックを支える影の立役者ですね。

さらに2016-2017モデルからはレバーロックの締め付け調整機構が

マイナスドライバーからコインで調整可能になりました。

これはお客様の声をフィードバックしたもので

「滑るときにマイナスドライバーなんて携帯してないんですけど。。。」

「・・・」

その通りです。

ということで金型修正して、コインで調整が可能になりました。

2.握りにこだわったシナノ不朽の名作グリップ

≪PG-44≫

誰にでもマッチし、くせのない、シンプルな握り。

SINANOのグリップの設計思想は、日本刀の柄や金槌の柄のように古来より誰しもが無意識のうちに認めていた、長方体で方向性のある握り形状に基づいています。人体工学的にも最適なこの形状に加え、約100年日本のスキーヤーの握りや滑りを研究し続けた結果導き出したのが、この長方体なのです。

3.使用サイズ

95センチ~120センチまで伸縮するので女性から男性までユニセックスでカバー

そのほか、朝一ピステンバーンを気持ちよく滑り、ちょっと飽きてきたから

コブでも滑っちゃおっかなーって時にサイズがゲレンデで変えられるので滑りのシーンに合わせた使い方も可能です!

4.フィット感を重視した、ストラップ

従来のものより、素材の柔軟さをUPし、幅広にしたストラップPS-FF1。

さらにストラップの調整はグリップを握ったままベルトを引っ張れる操作性も兼ねそろえています。

他社と比べても縫製している量も使用しているパーツも別次元。

ここだけのはなし、生産コストめちゃくちゃ高いです。。。

今年から、パーツ販売も始めますが、そのお値段 ¥4000/組。。。(笑)

シナノ『フリーFAST』

技術選で活躍するプロ選手も使っている商品で、信頼性もお墨付きです!

そして最後にお知らせです。

5月30日(予定)より、シナノラボのスキーシミュレターがリニューアルします。

マルチデバイス対応でPCでもスマホでもオリジナルポールがデザイン、注文できるようになります。

使い方については後日YouTubeでUPしていきたいと思います。

皆様、完成を楽しみにお待ちください。

コロナウイルスの影響で、おウチでできることの一つとして、シナノラボシミュレーターで遊んでみてはいかがでしょうか??

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

seven + two =