オリジナル杖・ステッキ・スキーポール・トレッキングポール制作

【火蓋は切って】SINANO絵描き選手権【落とされた…】

こんにちは。SINANOの デザイナー/広報担当、片桐修征です。
今回は唐突に、SINANO社員の絵心を競う選手権を開催いたします。

挑戦していただくのは以下、我らSINANOの営業部から…!

左から濱村ぁぁぁ!! 中央に営業部長ぅぅの水間ぁぁぁ!!! そして加ぁぁ納ぉぉぉ!!!!!

以上のエントリーでお送りします!そしてルールはこちら。

ルール
「私、片桐が出題する【お題の絵】を何も見ずに描く」

絵の表現力はもちろん、記憶力や観察力が試されるこの企画。日頃、言葉と資料を武器にコミュニケーション能力を活かしている彼らですが、果たして絵の実力はいかに…!?

さあ、みなさまお待ちかね!営業の皆様に描いてもらう【お題の絵】の発表です!

お題の絵は………

……

【お題の絵】マーライオン

そう、シンガポールの超有名観光名物な彫刻マーライオンです。何となくイメージできそうで、できない絶妙なお題です笑。
(読者の皆様も是非、何も見ないで描いてみてください)

それでは早速、制限時間5分で全力で描いてもらいました。

マーライオンを見ないでマーライオンを描く営業部の図

彫刻なのに色付きのペンを使用している時点で既に怪しい結末が予想できたりします(!)が、皆様には先に本物のマーライオンを見ていただきましょう。

本物は、コチラ。

そうそう、これこれ。それにしてもよく見ると不可思議な造形ですねぇ。

マーライオンを描く際のポイントは3つ、①ライオンの頭、②魚の体、③口から水を噴射、の以上です。
恐らく②を思い出せるかどうかが最大のポイントですね。

さあ、マーライオンがどのような造形か分かった上で今こそ、何も見ずに描いた営業部の作品を見てまいりましょう。

エントリーNo.1 加納  

トップバッターはfacebookでお馴染みの加納でございます。彼女であれば記念すべきこの選手権の第一回に相応しいマーライオンを描いてくれたことでしょう。

彼女の感性がフルに発揮されたマーライオンは、コチラ!

↓ ↓ ↓

え ? な ん か 違 う よ ?

ライオンの頭と水を噴き出してるまでは良いのですが、この全体から漂う脱力感は一体なんでございましょうか。何やら惰性で水を吐いている感がというか、悟りきった二日酔いのライオン感が…?

しかし待ってください。これはマーライオンとしてではなく、ゆるキャラとしてなら逆にすごく良い味出していますよ!これはこれで好感が持てます。なので今後は加納画伯とお呼びしようかと思います。

エントリーNo.2 濱村 

ここで営業部ルーキーにして熱血野球経験者の濱村が登場です。ここはフレッシュな絵を見せてほしいところです。

そんな期待の濱村のマーライオンが、コチラ!

↓ ↓ ↓

ん?これは…すごくオシイ!!

意外とみんな思い出せないのが体の魚部分なのですが、きちんと鱗を表現している辺りが素晴らしいです。よい観察力&記憶力。

そして笑顔で水を吐いているのも、なんだか暖かい気持ちになりますね。まさかのダークホース・濱村画伯の誕生の瞬間でした。

エントリーNo.3  水間部長 

最後に登場するのは営業部を統括するヘッド・オブ・セールス水間です。余談ですが私、片桐の直属の上司なので控えめなコメントをする方向で行こうと思います。

さあここは!上の営業部2名が到達できなかった真のマーライオンを期待しましょう。

営業部長水間のマーライオンは、コチラ!

↓ ↓ ↓

ダ レ だ よ オ マ エ !?

最後の最後でツッコミどころ満載な作品が上がってきました。すげぇ眼力だぜ(しかもちょっと妖艶)。これは本当に、別のナニカ…笑。

確かにマーライオンはシンガポールの彫刻。そのためか東南アジア感を帯びていて、やはりこれはこれでアリかもしれません。もしこれが東南アジア系レストランの入り口にあっても私は驚かないでしょう。

そんなわけで今後は水間画伯とお呼びします。

思い入れのある絵でポールや杖を作ろう

本企画に協力してくれた営業部の画伯たちに最大限の感謝を抱きつつ。

ところでみなさんは絵を描きますか?お子様が一生懸命、描いた絵は大切に仕舞っておいでですか?

その思い入れのある作品をポールや杖のデザインに入れられたら、すごく愛着のわくものになりますよ!

MY POLE LABでは絵・イラストを含む画像の挿入、そしてお名前やメッセージなどの文字入力ができます。

例えば、子供が描いた絵で作ると可愛くて、なんだかハッピーなポールや杖が作れそうですね。

写真を使ったオリジナルポールが作れるMY POLE LABはこちら。

楽しいデザイン、お待ちしております!

こちらもおすすめ

愛が不足気味な柳澤光宏社長に、愛を贈る

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

7 + ten =