トップに戻る

トランスジャパンアルプスレース3連覇望月将悟選手スペシャルインタビュー

トレランポール



望月将悟選手スペシャルインタビュー「トレランポールの極意」 数あるポールの中から、トレランポールを選んだのはなぜですか?
日本製でコンパクト、また購入当時一番軽かったのがシナノのトレランポールでした。トレランポールを初めて使ったのは、第5回トランスジャパンアルプスレース(TJAR)です。TJAR初出場でしたが、その時の具合が良く、また完走し記録も出しています。それからずっとトレランポールを愛用しています。
アルミ製とカーボン製、どちらのポールがおすすめですか?
僕はアルミを選びます。それは落雷のこともありますが、不測の際にポールがパキっと折れる可能性があるカーボン製よりも、衝撃を吸収し「たわむ」アルミ製のほうが安心なんです。長い距離を走る中で、万が一ポールが曲がってしまっても、折れなければゴールまで使うことができます。
トレイルランニングにおいて、ポールに求める機能とは?
レースはポールを常に突いているわけではなく、岩場などの使わない区間もあります。その時はポールのシャフト部分を持って走るので、トレランポールの「スリップストッパー」はとても重宝しています。また、ストラップがブラブラ揺れないように固定できる。これが有ると無いとでは快適さが違います。
シナノトレランポールはスリップストッパーが重宝しています 望月将悟選手。シナノトレランポールのスリップストッパーを持って走る。 望月流トレランポールの使い方を教えてください!
基本的には登りで使います。足の筋肉を休めたいのと、身体を押し上げる、筋力の補助として使っています。下りでもバランスを取るためにボールを使うことがあります。その他にはツェルトを張る時。ポールが無ければ設営できないので、寝場所を確保できませんから。
望月将悟選手にとって、トレランポールとはなんでしょうか?
それはもう本当に相棒ですよ!ポールが無くなったら不安で不安で仕方ないんです。昔はポールを使っていると「自分が弱いんじゃないか」とか「自分が負けているんじゃないか」という考えもありましたが、今はもうそういうのは違うなと。使えるものは使えばいいじゃないかと思っています。
LINE UP
望月将悟選手も愛用するトレランポール13.6Pro

トレランポール14.0

山本健一選手インタビュー


小川壮太選手に教わる
「トレランポールの使い方」

動画でわかるトレランポールの使い方


シナノオンラインショップ