FRP複合引抜材 株式会社シナノ:トレッキングポール、スキーポール、杖ステッキ、ウォーキング ポール、トレイルポールなど総合ポールメーカー

未来の部材。

強度、耐食性、電気絶縁性、軽量性を備え、
コスト削減を実現するFRP複合引抜材(プルトレン)

FRP複合引抜材は、他のプラスチックには得られない強度、耐腐食性、大きな引張り強さ、曲げ強さを実現+生産効率の高さでコスト優位性を発揮。あらゆる場所で活躍できる可能性を持つ部材。

FRP複合引抜材(プルトレン)とは

FRP

プルトレンの材料であるFRPは、強化材のガラス繊維と熱硬化性樹脂とを組み合わせた複合構造材で、強度、耐食性、電気絶縁性、軽量性などの点で、きわめて優れた特性を備えています。プルトレンは、この優れたFRPを当社独自の連続引抜成形法によって部材化したものです。

工程は、強化材であるロービング(ガラス繊維)を樹脂含浸槽に入れ、樹脂と組み合わされた材料をプーラーで引き抜く成形法です。その形状は、型抜き用ダイスを取り付けて引抜きながら硬化をさせることにより、様々な形状に加工することができます。引き抜かれたプルトレンは長尺なので、これを用途に応じた寸法に切断すれば良く、コストも大幅に削減できます。

※主な性能データ(数値)は下記を参照下さい。

プルトレンFRP引抜連続工程

FRP

FRP複合引抜材特長

FRP複合引抜材の用途

FRP複合引抜材試作/OEM/PB開発

シナノでは、企画から試作・製造・納品までの一貫生産により、お客様をトータルサポートします。

強度、耐食性、電気絶縁性、軽量性を備え、コスト削減を実現するFRP複合引抜材=プルトレンを使い、御社ならではのOEM/PB製品を開発します。ぜひお気軽にご相談ください。

強度、最適な形状、コスト面なども含め、企画から試作までよろこんでご提案させていただきます。

また、小ロット生産にも対応可能です。

開発の流れ

FRP複合引抜材問題解決事例

ステンレス部品代替開発
(下水道資材メーカー様)

下水道資材メーカー様からのご依頼で、従来コンクリート成形の際にステンレス製の部品を使用しておりましたが、錆びない・腐らない・必要強度特性・コスト低減可能な代替品を検討されておりました。弊社のFRP複合引抜材パイプを使用、要求を実現しご採用いただきました。

金属部材の代替や、現在ご使用部材の特性向上、コスト低減などどのようなことでもご相談下さい。

FRP

金属部材の代替や、現在ご使用部材の特性向上、コスト低減などどのようなことでも、お気軽にご相談下さい。

お問合せ0267-67-3322(複合材営業部まで)

PageTop