スキーポール 株式会社シナノ:トレッキングポール、スキーポール、杖ステッキ、ウォーキング ポール、トレイルポールなど総合ポールメーカー

Since 1919

日本スキー100年の中で、
進化の道を歩み続けるスキーポール。

何故、SINANOのスキーポールは約100年もの間、そして今なお日本のスキーヤーに愛され続けるのか。

それは、日本にスキーが伝来した時期とほぼ同時にポールの生産を始めたSINANOだから。そして、目まぐるしく変化してきたスキーシーンに対応し、いつの時代でもスキーヤーの声に耳を傾け、ポール作りに魂をこめてきたから。

日本のスキーヤーの体型を知り、100年のポール技術を研鑽してきたSINANOは、これからも日本のスキーヤーと共にあり続けます。

日本規格。

日本人の体型に合わせた設計。

時代とともに変化を続けるスキーシーンにおいて、SINANOもポールを
進化させてきた。しかしその中において、SINANOが日本のスキーヤー
のために守り続ける不変の設計思想がある。それは言い換えれば、
SINANOポールの核<コア>である。

  1. POINT.1

    グリップ

    幾種類もあるSINANOのグリップの設計思想は、日本刀の柄や金槌の柄のように古来より誰しもが無意識のうちに認めていた、長方体で方向性のある握り形状に基づいています。人体工学的にも最適なこの形状に加え、約100年日本のスキーヤーの握りや滑りを研究し続けた結果導き出したのが、この長方体なのです。

  2. POINT.2

    振りやすさ

    SINANOでは「バランス指数」という数値を算出することでポールの振りやすさ・操作性能を客観的に測定しています。指数は、ポールの重量(W)、全長(L)、グリップの頂点からポールの重心点(l)といった要素から測定されます。

    これと同時にポールを構成する素材、滑りのタイプ、スロープなど多角的な要素を加味することで、各々のシーンにおいて最適な振りやすさを実現したポールを設計しています。

  3. POINT.3

    強度

    和竹、合竹、スチール、アルミ、カーボン。時代の移り変わりの中で様々な素材がシャフトに採用されてきましたが、どの素材を使おうともSINANOはポールに一定の強度を求め、強度を確保してきました。それは、スキーヤーの安全を第一に考えるSINANOが創業当初から連綿と受け継いできた使命でもあります。

豊富なラインナップ

最適なポールを選んで、最高のスキーを体験しよう。

日本のスキーヤーのために、様々なスキーシーンや滑りのために、SINANOは豊富なラインナップを揃えています。あなたに最適なモデルがきっとあります。

SELECT SKI POLE

online store

この商品のご購入は
SINANO オンラインストアでどうぞ!

メーカーだから全商品ラインナップ、お得なアウトレット品もあります。
15,000円以上で送料無料。

online store

お近くの取扱店舗を探す

取扱店一覧ページでは、全国のお取扱店をご案内しています。
実際に手にとって商品をお確かめください。

online store

お問合せはお気軽に

この商品に関するお問合せは、こちらのお問合せフォーム、または、お電話(0267-67-3324)でお気軽にご相談ください。

スキーヤー柏木義之さん

実際に滑った方が楽しい!ストックに求めるもの

スキーヤー根本風花さん

技術戦での観客の多さに驚きました

スキー関連記事 >>
PageTop