株式会社シナノ:ものづくりの現場から(製造部)

杖ステッキ、登山杖、トレッキングポールの株式会社シナノ



担当者インタビュー・ものづくりの現場から

株式会社シナノは、スキーポールの製造に始まり、現在では杖、トレッキングポール、ウォーキングポールなど、用途に合わせた様々な商品を製造している。
今回より担当者インタビューとして、シナノ社員一人ひとりにインタビューを行い、
ものづくりの現場、社員の心意気に迫った。


第1回 第一製造部 山田一夫

品質のばらつきが少ないのは、日本製品の強みだと思います。

業務は主にポール・杖などのアルミパイプ加工から、デザイン化(塗装・印刷)、組上げまで 製品の生産全体に携わっています。
入社から18年。
日々の積み重ねで習得してきた技術は財産だと思っています。

シナノは、60年前からスキーポールを製造しており、技術の蓄積がありますから、商品の品質が安定していて、不良が少ない。
品質のばらつきが少ないのは、シナノの強みだと思います。
製品はユーザーの手元まで届きますので、長年培った信頼を裏切らない商品をお渡しできるよう、責任の重みを感じて製造にあたっています。

生産ラインでは、四季の温度変化などの条件が製品の仕上がりに影響を与えるため、細かな変化も見逃さない集中力も欠かせません。
常に技術を磨きながら、安定して品質の高い製品ができるように心がけています。


常に情報収集を行う。数ヶ月先を読んで、製造に反映させる。

また部品手配を担当しています。

組立に必要な部品が欠品しないよう、しかし余剰在庫を出さないような数量を保つ。
在庫をなるべく圧縮しながら、常に最適な在庫数を確保するため、 その年やシーズンごとの売れ筋商品の情報収集が重要になります。
2~3ヶ月先に商品がどう動くかを考えて、生産調整しています。

多色印刷、手作業で作る愛着。大切に使ってもらっている商品に出会うと、とても嬉しい。

シナノ製品は、パイプ印刷で多色印刷を行っています。
曲面へ直接印刷するので、色にバリエーションができて複雑なデザインが可能になる。
デザイン面で特化していると思います。
また、すべて手作業で行っているので、作り手としても愛着があります。
部品の付け替えなど、変更がしやすいのも手作業ならではです。
修理なども、細かいご要望にお答えするように努めています。

自分もスキーをしますので、スキー場でシナノポールを見かけたり、街でシナノのカイノス杖をついている方を見かければ、やはりとても嬉しいですね。
修理なども、時々とても古い商品の修理依頼が来て驚くのですが、愛着を持って長く使っていただいているのが分かり、嬉しいものです。

今後は、今まで以上にお客さまの立場に立った「ものづくり」を心がけ、スポーツや町で、頼れるパートナーになれる商品を作っていきたいと思います。


2010/3/3 更新 


シナノオンラインショップ